ヘッダ1ヘッダ店舗

自由が丘の雑貨屋

唐草模様

アンティークレース

ヘッダ写真小 メルマガ登録
menu見出し
トップページ
dot
Information
dot
オンラインショップ~雑貨通販
dot
ショップ紹介
dot
手芸教室のご案内
dot
頒布会のご紹介(キット・材料)
shortdot
キットの会
shortdot
お試しキット
dot
アンティークレースの世界
dot
プリンセスレースの世界
dot
アンティーク手芸材料
dot
大人のためのアリス・グッズ
dot
ドールハウス(ミニチュア)の世界
dot
イベント情報
dot
ブログ〜ここちいい毎日
dot
ブログ〜手づくりアルバム
dot
お問合せはこちら
dot

onlineshop見出し
カートバナー
↑お買い物はこちらへ

blog見出し
ブログバナー

ブログバナー

ブログバナー
ss

スペースンティークレースの世界

レースは、その昔「糸の宝石」とよばれ、王侯貴族やブルジョア階級の富と権力の象徴でもありました。
レースの価値は、一国の経済も左右するほどであったとも言われています。

アンティーク手芸材料1アンティーク材料2

16世紀クィーンエリザベス1世や、17世紀ヴァン・ダイクの肖像画にも見られるように、ハンドレースは女性だけでなく、男性のファッションにも不可欠なものとなり、大きな襟や袖口、ブーツのふち飾りなどに高価なレースで飾られました。
そして、18世紀の宮廷でも豪華な織物の衣装に重ねて華やかなハンドレースが展開されていきました。
美しい袖口飾り(アンガジャント)やボンネットにもたくさんのレースが使われ、 アルジャンタン、アランソンなどのニードルポイントレースやヴァランシェンヌ、マリーヌなどの繊細なボビンレースが好まれました。

皆様もマリーアントワネットをはじめとする貴婦人たちのドレスを飾ったすばらしいレースたちを思い出していただけるでしょう。
産業革命後、機械レースの発達で、産業としてのハンドレースは、衰退してしまいますが、 一部の産地やレース学校などを通し、その魅力は、多くの女性を魅了し続けています。
大量生産で何でも簡単に手に入る時代だからこそ、果てしない時間と手をかけ編み上げられたアンティークレースにロマンを感じるのかもしれません。

そして、アンティークレースには、その図柄にも意味があります。
大切な人の幸せを祈ったものであったり、神様への祈りであったり、レースにはそれぞれの強い想いがこめられてきたからこそ、私たちの心を揺さぶるのかもしません。

遠い昔、私たちと同じ女性たちが、想いをこめて作り上げたレースたちを今の時代に大切につたえていきたいとボンクラージュは思っています。


アンティークレースを身近な手芸に・・・

ss

アンティークレースヴィンテージ手芸

「手作りのある優しい時間」がボンクラージュのテーマです。

だから、アンティークレースも手芸に積極的に取り入れます。
1日かかっても数センチしか、製作することができなかったといわれるアンティークレース・・・
小さなフラグメント(断片)だって、捨てることなんてとてもできません。

現代のレースにも素敵なものはたくさんありますが、アンティークレースの魅力はまた、独特です。
遠い昔、誰かが幸せな気持ちで着ていたであろうドレスの一部分や、袖口や襟のレースなどは、長い時を経て、ボンクラージュで人気のトルソーになったり、ピンクッションになったり、ポーチになったりしています。

そして、ボンクラージュでは、手芸が大好きな皆様にも、その魅力を味わっていただきたく、アンティークレースやビンテージ・レースを含む、手芸材料を集め、カラーごとにコーディネートしたセットなどをご紹介しています。
皆様も、アンティークレースやアンティークの手芸材料を使って作品を作ってみませんか。

糸通アイコンアンティーク・フランス手芸材料はこちら


アンティークレースを暮らしの中に・・・

ss

アンティークレースヴィンテージ手芸

現代でもレースは、どんな世代であっても女性には特別なもの。
ウェディングレースは、その中でももっとも象徴的なものなのかもしれません。

時を超えて、ボンクラージュに届いたアンティークレースの襟やカフスなどは、おしゃれなお客様の装いをより優雅なものにしています。
シェルフにレースを飾ったり、窓辺にレースをかけたり、小さな工夫でアンティークレースを暮らしに取り入れている素敵なお客様がたくさんいらっしゃいます。
みなさまも、暮らしの中にレースを取り入れてみませんか?
                
また、ベルギーのお母さんから娘たちに心を込めて伝えられた「プリンセスレース」は、 阿部薫先生の手で紐解かれアンティークにアレンジを加え、現代のプリンセスレースとして、ボンクラージュで人気の教室メニューとなっています。

ネットをグランドにして、細幅のテープをニードル技法で組み合わせて製作していく手法は、ボビンレースやニードルポイントレースに比べれると手芸的要素も強く、初めての方でも抵抗なくはじめていただけるものです。
ショールやカフスなど、ご自身で製作したものを装いの中に加え楽しんでくださっています。

糸通アイコンプリンセスレースのご紹介はこちら

kit見出し
お試しキット

info見出し
ショップ情報
糸通アイコンくわしくはこちら


注意書き
フッタ